12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014-11-08 (Sat)
こんにちは~
今日も昨日に引き続き、ベトナムのクイリングをお送りします



先日の内藤教室で、たかこ先生のイケメン・パートナーさまpアイコン
送ってくださったというベトナムのクイリングを見せていただきました




こちらは↓木のボックスに、クイリングが施してあるもの
ベトナム立体クイリング1





こちらは↓全部クイリングで出来てるボックスです
IMG_1041.jpg




ただ眺めているだけでも、楽しいのですが
よくよく観察してみると、テクニックやその構造など
色々勉強にもなるので、今回は様々な角度から画像を撮り
皆さんともシェアしてみたいと思います




まずは、斜め上からの画像。
ベトナム立体Qサイド




ボックスの本体は、数百個の黒と珊瑚色のタイトサークルが
ダイヤ柄になるよう互い違いに積み上げられています。
これだけでも相当な手間が掛かっていますよね^^;




次は蓋を取った画像♪
ベトナム立体Q中




底は大きなタイトサークルです。
糊でかなりシッカリ固められているようですね。




蓋の画像です。
ベトナム立体Qふた表



蓋は1mm幅位の極細のペーパーで作ってあります
外周部分が大きな穴あきタイトサークルになっています。
推測ですが、先に穴あきタイトサークルを作ってから
その中に下絵などを敷いて、パーツを埋め込んで作っていく感じでしょうか!?





最後は、蓋の裏側の画像です。
ベトナム立体Qふた裏




蓋の裏には、背景と同色の大きなタイトサークルが貼り付いていました。
極細のペーパーだけだと壊れやすいので補強の意味と
蓋がずれないようにストッパーの役目で付いているように思います。



ベトナムの立体クイリングはよく考えられて、上手に作られていますね^^
ベトナムの人は、とても器用なんだなあと改めて思いました



さて、いかがでしたか?
少しは制作の参考になったでしょうか?
独自のアレンジを加えて、素敵なクイリング・ボックスを
作ってみるのもイイと思います♪(*˘︶˘*).。.:*♡



明日はAチーム全員で、BQJの展示会に行く予定です。
でも昨日から喉と耳の腺が痛くてイガイガ(。>﹏<。)
んー、ここは気力で治しますっ 笑


では、また・・・


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ポチッ↓っと応援お願いします(*^-^*)>
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークイリングへ


関連記事
| QUILLING |